看護師求人トップ > お役立ち情報トップ > 看護師の職場 > デイサービスの看護師の仕事

デイサービスの看護師の仕事

看護師の職場デイサービスの看護師の仕事

デイサービス(通所介護)は、高齢者が自宅からデイサービスセンターに通って、食事や入浴の介助を受けたり、リハビリを行ったり、レクリエーションを楽しむことができます。一人での外出が困難になり、自宅にこもりがちになっている高齢者にとって、同年代の人と交流する場として機能するほか、偏りがちな栄養をしっかり摂ることができます。さらに、家族の介護負担を減らせることから、近年、サービスを提供する事業者が増えてきました。 カルチャーセンターのようなレクリエーション中心の施設、衰えた筋肉などの運動機能を取り戻す訓練をしっかり行うデイケア、高齢者の大きな問題である口腔ケアを強化しているセンター、さらにはお泊りサービスを実施するところまで。さまざまな需要に応じ、デイサービスの範囲は大きな広がりを見せています。

仕事内容・役割

さまざまなサービスがあるデイサービス。基本的に「利用者が望む生活を実現するためのサポートをする場所である」ということを念頭に置いておくと、デイサービスならではの看護師の働き方を理解できると思います。

実際に求められる仕事は、第一に利用者の健康状態の確認です。基本的に医師のいない施設ですから、看護師が「入浴や運動が可能かどうか」を判断する、非常に大切な役割を担います。利用者は高齢者となりますので、 小さな異変を見逃さない観察力が求められます。前回のご利用時との違いを見つけるために、記録をしっかりとることも重要です。利用者によっては血糖測定やインシュリン注射を行う、軟膏塗りや点眼、服薬の指導や補助を行う、 爪切りや傷の処置を行うといった内容が加わります。また、浣腸や摘便などを行う場合もあります。これらの業務は一般的な病院で病棟看護師を経験している人であれば、問題なく行える内容といえるでしょう。

なお、デイサービスやデイケアでは、看護師のほかに、利用者の介護を行う介護士、リハビリを担当する理学療法士や作業療法士が働いています。 看護師の役割は「利用者の健康をチェック」することですが、ほかのスタッフの仕事を手伝うことも求められる場合がほとんどです。

ある一日のスケジュール

9:00出勤・お出迎え
出勤後、ご利用者をお迎えします。
9:30バイタルチェック
ご利用者のバイタルサインを測定し、健康状態を確認します。
10:00入浴後の処置
軟膏の布や湿布の貼付などに加え、褥瘡の処置などをおこないます。
11:00レクリエーション時の対応
レクリエーションのサポートしつつ、ご利用者の見守りや健康状態の確認をおこないます。
12:00昼食時の対応
食事介助のサポートや食前・食後の服薬対応、血糖測定などをおこないます。
13:00休憩
14:00業務記録の作成
バイタルサイン・日中の健康状況・食事摂取量・排泄回数・処置内容などを記録します。
15:00レクリエーション リハビリ時の対応
ご利用者の見守り、健康状態の確認、リハビリテーションの効果測定等をおこないます。
16:00ご利用者のお見送り
ご利用者の健康状態や事故防止などに気を配りながら、最後の方までお見送りします。
片付け・翌日の準備

規模による違い

デイサービスの施設を開業するには、行政によって異なりますが、以下の基準を満たす必要があります。常勤の管理者1名、社会福祉士などの生活相談員1名、看護師か准看護師1名、そして機能訓練を指導する理学療法士(看護師でも可能)が1名です。 ここに、実際の介護を担当する介護士が数名加わることで、1日の利用者が10~30名ほどの規模のデイサービスが成立します。

利用者は基本的に「自分で自分のことができる人」ですから、あまり大きな施設である必要はなく、スタッフもあまり多くありません。スタッフ数や利用者数、施設の大きさに差があまりないため、看護師に求められる仕事も、 前述の健康管理や補助的な内容が大半になります。一方、リハビリがメインとなるデイケアの施設の場合は、歩行訓練や身体機能の回復、痴呆症の改善など、施設によって特徴が異なります。 看護師に求められる最大の業務が「健康管理」であることに変わりはありませんが、ほかのスタッフの補助的な業務は、リハビリ内容によって変化することは覚えておきましょう。 なお、デイサービス・デイケアともに、食事の介助など、介護士の仕事を手伝う場面が多くなることは共通のポイントです。

メリット・デメリット

デイサービスやデイケアで働く一番のメリットは、勤務時間が昼間に限られ、夜勤がないことです。土日が休みの施設も多いので、一般の人などと変わらないリズムで働くことができます。看護師が最も稼げる夜勤がないことは、 病院などの勤務と比べると給与面でやや見劣りすることもありますが、看護師の仕事ですから基本給などは事務職などと比べると高水準です。

また、デイサービスの利用者は、自宅で生活をする元気な高齢者ですから、命に関わるような深刻な病気に出会うケースは極めてまれです。サービスの利用中に体調を崩すようなことがあっても、応急処置を行い、病院に同行するまでの対応となりますので、 精神的な負担を最小限に抑えることができます。しばらく休職していて看護師への復帰を考えたとき、いきなり負担の大きい病院やクリニックではなく、デイサービスやデイケアを選ぶのもいいでしょう。 しかし、看護師としてスキルアップやキャリアを積むことを目指す人にとっては、医療的な業務が少なすぎることは確かです。とはいえ、空いた時間を有意義に使える魅力的な職場であることは間違いありません。 どちらをより重視するかで決めるのがいいでしょう。

向いている人

デイサービスやデイケアを利用するのは65歳以上の高齢者ですから、高齢者とのふれ合いが好きな人に向いています。また、老年介護の分野に興味がある人にとっても、元気な高齢者との日々は良い経験になるでしょう。デイケアの場合、施設によってリハビリの内容が異なりますから、 より興味のある、勉強をしたい分野のものを行っているところを選択するといいでしょう。

デイサービスやデイケアは、病気やケガの治療の場ではありませんから、複雑な医療処置を行う必要はありません。いわゆる病院の看護師と違う働き方を探している人は、有料老人ホームと並ぶ就職先として考えてもいいでしょう。日勤で就業時間が延びたり、 ずれたりすることもほぼ発生しませんので、家族やプライベートの時間を大切にしたい人にも向いています。

また、常勤ではなく週1~3日のようなパートタイムでの求人が多いことも、デイサービスやデイケアの特徴です。精神的にも肉体的にも負担の少ない働き方を選べますから、 家庭の事情でフルタイム勤務が難しい人や、ブランクのある看護師の復職場所としても最適です。

こんな看護師の方にオススメ

  1. 高齢者とふれあうこと

    好き
    な方

  2. 老年看護の分野に
    興味がある

  3. 医療処置が少なめの
    環境
    をお探しの方

  4. ワークライフバランス
    重視される方

必要なスキル・資格

基本業務が健康管理ですから、看護師としての経験があれば問題なく働けます。利用者は施設の周辺に住む高齢者で、リピーターが大半ですから、 その環境に早く馴染むためのコミュニケーション能力は必須といえるでしょう。
また、人生の先輩たちは必ずしも気分良く接してくれるとは限りません。時には理不尽なことで叱られるなど、おもしろくない経験をする場合もあります。それでも上手に対応をして、 利用者に楽しい時間を過ごしてもらえるようにすることが大切です。施設の規模は小さく、スタッフも医療の専門家は自分以外いないという場面も多くなります。 日頃の会話や観察、記録を元に、看護師として正しい判断を行う。そのことに自信を持って臨めるのであれば大丈夫です。

勤務先を決める際に注意すること

就業時間や日数、給与などをチェックすることは当然ですが、事前にしっかり聞いておきたいのは「どのような看護師の業務があるか」と「看護師以外の仕事をどの程度担当するか」です。 食事の介助や点眼、軟膏塗りの補助などは看護師でなくてもできる仕事ですが、実際のデイサービスはスタッフ数が利用者に対してギリギリであることが多く、健康管理という本来の仕事を超えた補助業務を求められます。施設によっては利用者の送迎車への同乗など、 看護師の枠を大きく超える業務まで含まれている場合もあり、就業後に問題になるケースもあるようです。
また、残業などについても事前に確認をしておく必要があるでしょう。面接の場では聞きにくかったことは、あとでコンサルタントを通じて聞くという方法もあります。

実際に働く人の声

現在の職場の良いところや悪いところ、問題点などについて、実際にデイサービスやデイケアで働いている看護師の声をまとめてみました。代表的な意見をまとめましたので、ご自分の就職・転職活動の参考にしてください。

■ポジティブな意見

忙しさはあまりない
病院やクリニックのように医療の現場ではなく、利用者の健康を管理する立場になります。観察と記録、コミュニケーションが中心になるので、ほかの職場と比べると慌ただしい場面は少ない傾向があります。
ブランク明けの方でも安心して勤務可能
病気やケガをしている利用者は、デイケアにおいてリハビリする人を除けばいませんから、生命の危機や緊急事態に遭遇することは極めてまれです。採血などの医療処置も行いませんので、何年もブランクのある人の現場復帰の選択肢のひとつになっています。
勤務時間が短い職場もある
正社員として働く場合は、どうしても残業等が入りがちですが、派遣やパートタイムのような働き方も選べるのがデイサービスのポイント。この場合、拘束時間はしっかり守られているようです。
夜勤がない
デイサービスですから、基本は日勤のみです。多いのは朝8時台から夕方17時前後までという勤務体系。お泊りサービスを実施していない施設を選べば、夜勤になることはありません。
比較的元気な利用者が多い
自宅で普通に生活を送っている高齢者が、より良い生活やコミュニケーションの場を求めて受けるサービスですから、元気な方がほとんどです。

■ネガティブな意見

日勤帯のみの勤務=年収は下がる
病院勤務の看護師には夜勤があります。肉体的にもきびしい業務ではありますが、その分、報酬が高いことは言うまでもありません。逆にデイサービスには夜勤がないため、収入は少し抑えられてしまいます。
スキルよりもコミュニケーション能力が重要
医療処置は初歩的なことしか行いませんから、高いスキルはあまり求められません。それよりも、利用者やスタッフとの交流が大切な職場なのです。
介護寄りの仕事を行うこともあり
看護師としての自分の能力を発揮したくても、腕を振るう場面はほとんどありません。むしろ、介護士や理学療法士の手伝いに多くの時間を割くことは、施設の性格上、避けられないようです。
医師がいないため、不安はある
元気な利用者が多いとはいえ、やはり高齢者ですから健康上の不安を抱えている人がほとんどです。突発的な事態が発生しないとは言い切れません。そのとき、医療の専門家は自分以外にいない。そういう施設が非常に多いこともまた事実です。日頃から高齢者のさまざまな症例の勉強をし、利用者の持病などを把握しておく必要はあるでしょう。

ベネッセMCMコンサルタントからのコメント

デイサービスセンターは、医療機関以外の職場を探されている看護師さんや、ワークライフバランスを実現したい看護師さんにオススメの職場です。 治療の場ではないため、比較的医療処置が少なく、ご利用者とじっくり、密なコミュニケーションが取れます。 ご利用者の生活を支援できるというメリットはもちろんのこと、残業時間が少ないことや施設によっては土日祝日にお休みが取れるということもあり、 家庭との両立や趣味・プライベートの時間を重視される看護師さんにも働きやすい職場といえます。

お仕事探しを無料でサポート!まずは無料エントリー

その他のお役立ち情報

  • 看護師の働き方常勤から単発アルバイトまで、看護師の多種多様な働き方を具体事例を交えてご紹介します!
  • Q&A看護師の皆さんに役立つQ&A情報をご紹介します。幅広いご質問とその回答をお届けします!
  • ご利用者の声当社サービスを利用された皆さまの声をお届け。転職をされた方から単発就業中の方まで情報満載!